スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力疾走の先に

全然、自信なんかない

単なるクラスメートだし

両手に余るほどのライバルがいるし

口もろくにきいたことのないわたしなんか

知らなくても、おかしくないくらい

募る想いに蓋してきたけど

それでも、今日だけは…

うまく言えるかな…うまく渡せるかな

のどが、ゴクリ、と音を立てる

さあ、初めて作ったチョコレートを持って

昨日、メールで呼び出した場所へ駆けていこう

…にっこり笑って、きみが手を振ってる




バレンタインデー、ということで、作文提出(誰に)

この女の子の恋は、実るかな。
スポンサーサイト

無防備にも程がある



むにゃむにゃときみの唇が動く




僕はその隣で静かに本に眼を落とす




うっかりきみを見てしまわないように




びくびくとしている心を必死で隠して




にこにこときみは夢の中で笑っているから




もう少しでその頬に触れてしまいそうで




本能を押さえるのに精一杯だよ




どうしてそんなに安心して眠れるのか




…我慢にも限界があるってことわかってる?




あんまり信頼されているのも辛いけど




ルースのようなきみを、守るのは僕の役目だから




このお題は 「恋したくなるお題」
の中から、「無邪気な君へのお題」からいただきました。




今日は休日なので、こちらでもアップしてみました。


テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

たとえ相手が子どもでも

確かに、わかってる

どちらかを選ぶなんてできないって

笑顔のお前を見てたらな

愛情のカテゴリーがまず違ってる

いつも両手を子どもたちにとられて

手持ち無沙汰に1人、腕をくむ

我慢、我慢…だけどなぁ

こいつらわかってるのかな

どうしたって、オレもお前たちには勝てないけど

もう少ししたら、ママ、返してくれよ?

でもまぁ、お前たちの笑顔を見るのも嬉しいから

もう少しだけ、貸しといてやるよ



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「嫉妬まじりの恋のお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

かすめた指先

微かに今、触れた

すれちがいざまの一瞬

眼も合わせないのに

たぐりよせるように

指がからめられた

びくりと震えた私の手を

さらりと離した

…聞きたいのは、きみの真意



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「もどかしい恋のお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

朝の光で知り得たこと

あ…寝癖

サラサラしている髪が少し跳ねている

のどのところに、剃り残しがちらちらしてる

ひとりじめする、あなたの寝顔

可愛い…なんて言ったら、怒られるかな

凛とした涼しげな眼も今は閉じていて

てんてんと私の胸に残る紅い花びらが昨日の名残

しっかりとお互いを確かめ合った翌朝は

リラックスしたけだるさが漂う

永永無窮に一緒、と誓ったわたしたち

ただ2人だけのこの部屋の中で

鼓動を重ね合わせながら

時を一緒に流れていこう



(永永無窮 意味  いつまでも永遠に果てることなく続くさま。長く続いてきわまりないさま。時の果てしなく長いたとえ。)



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「微エロなお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。