スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の光で知り得たこと

あ…寝癖

サラサラしている髪が少し跳ねている

のどのところに、剃り残しがちらちらしてる

ひとりじめする、あなたの寝顔

可愛い…なんて言ったら、怒られるかな

凛とした涼しげな眼も今は閉じていて

てんてんと私の胸に残る紅い花びらが昨日の名残

しっかりとお互いを確かめ合った翌朝は

リラックスしたけだるさが漂う

永永無窮に一緒、と誓ったわたしたち

ただ2人だけのこの部屋の中で

鼓動を重ね合わせながら

時を一緒に流れていこう



(永永無窮 意味  いつまでも永遠に果てることなく続くさま。長く続いてきわまりないさま。時の果てしなく長いたとえ。)



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「微エロなお題」からいただきました。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。