スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALONE――ORITO

――告白 ②――




紗江の唇は、何度か開きかけた。



しかし、言葉をつむぐ前に、涙が溢れていく。



「いいのよ、ゆっくりで。――よっぽど、辛いことがあったのね……」



その震える肩に、百合子の白い手がそっと置かれる。



百合子のその手も、微かに震えている。



紗江はしゃくり上げながら、それでも今までのことを、話し始めた。




紗江の話はこうだった。



夏休みに入る前の実力テストで、成績がふるわず、学年主任でもあり、1年のときに担任でもあった佐倉に相談に行った。



暑い夏の日の放課後だった。



生徒指導室の中、最初は普通に、成績表を見ながら話していたのだが、次第に佐倉の眼は、薄くなった夏服のブラウスや、短めのスカートの裾から覗く脚に向けられていった。



いきなりの出来事だった。



何が起こったかわからなかった。



しかし、上に見える天井、圧し掛かっている佐倉の、汗ばんだ身体。耳元で聞こえる息遣い。



何が起きたか理解できたときには、すでに全てが終っていた。



それから以降、そのときに撮られた写真をもとに脅され、いやいや関係を続けていたのだった。



「……誰にも言えなかった。お父さんやお母さん、こんなこと知ったら、どんなに悲しむか、どんなに傷つくかわからなかったし……」



身体を震わせ、泣きじゃくる紗江。



――誰よりも傷ついたのはあなたでしょうに……



百合子はその肩を、しっかりと抱きしめた。



「棚橋くんのお父さんは、きっと、あたしを助けてくれようとしたんだと思います……」



博文が佐倉と紗江のことを知ったのは、偶然だった。



リサーチの仕事、浮気調査の案件。



ホテルの前で張り込み、入り口を撮っていた博文が、佐倉を、そして紗江を見つけたのだった。



『遠藤……さんじゃないか?』



『あ……』



『待ちなさい!!』



逃げようと踵を返した紗江を、すばやく捕まえる博文。



『こんなところで……彼と何をしていた?』



両肩を掴み、揺さぶる博文に、真っ青になった紗江。



崩れ落ちる彼女を博文は抱え、その場を離れた。


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ALONE――ORI】

――告白 ?――紗江の唇は、何度か開きかけた。しかし、言葉をつむぐ前に、涙が溢れていく。「いいのよ、

まとめ【ALONE――ORI】

――告白 ?――紗江の唇は、何度か開きかけた。しかし、言葉をつむぐ前に、涙が溢れていく。「いいのよ、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。