スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~sweetest~ 19

-決戦?-


その後も、4人はあちこちを回りながら、遊園地を満喫していた。


コーヒーカップに乗った鈴がハンドルを回しすぎて、自分がヘタってしまったり。(もちろん、そのあと天音にこっぴどくしかられた。)


お化け屋敷のバイトを“つい”天音が殴ってしまったり。(4人そろって、平謝りだった。)


グッズ売り場での鈴とかずほの買い物に、うんざりしながら待っていた天音と亮輔が逆ナンされたり。


それによる不機嫌を直すために、ソフトクリームを買わされたり。


「美味しい~。」


「ホント、美味しい~。外で食べるの初めて~。」


その鈴の言葉に、天音が鈴の頭に手を置いたり。


楽しい時間は、何倍もの速さで過ぎ去っていく。


「よし、あとはこれか。」


4人の前には、そびえ立つ観覧車。


「でかっ。」


と、天音。


「1周・・・30分だって。」


かずほが説明を読む。


「ま、ちょっとベタだけどね。」


苦笑する亮輔。


「みんなで乗るんでしょ?」


鈴の問いに、にっこりと微笑む亮輔。


「鈴ちゃん、気ぃ、きかせて?」


「・・・え~~と・・・。」


「お願い。」


亮輔は笑顔だったが、なんとなくその中の“黒さ”を感じ、鈴はうなづくしかなかった。


先に天音と鈴。1つ後に亮輔とかずほが乗り込んだ。


ゴンドラはゆっくりと上がって行った。




-決戦が始まる-












ペタしてね


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。