スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~sweetest~ 52

-願い-



「・・・痩せたな、鈴・・・。」



「天音こそ。」



抱きしめあっている2人。お互いの身体の変わりように、驚きをかくせない。



「・・・逢いたかった。」



「あたしも・・・。」



「ごめんな・・・。」



離れていた日々を埋めるように、しっかりと抱きしめあう。少しの隙間も出来ないように、お互いがお互いをきつく抱いていた。



「簡単に騙されちまったな。」



「うん・・・。」



「あのヤロウ、『死んだ』とか言いやがって。」



「あたしも言われた。」



くすくすと笑う鈴。



「・・・お前、笑ってる・・・?」



「え?・・・あ・・・。」



いつぶりかの笑い声。ずっと聞きたかったそれに、言葉が止まる。



「天音・・・?」



天音の身体が震えている。つらそうにため息をついている。



「どうしたの・・・?」



こらえきれず、もれる嗚咽。天音は強く鈴を抱きしめたまま、泣いていた。





「鈴。」





ようやく気持ちが治まったようで、呼びかける声に震えはない。



「なぁに?」



「オレら、いっぺん死んだんだよな。」



「・・・殺されちゃったね。」



「じゃあ、もう1度、始めさせてくれないか。」



「・・・天音・・・。」



静かに首を横に振る鈴。



「どうして。」



「あたし・・・だって、あたし、」



「言っただろ。」



「?」



「・・・入れもんなんか、関係ねぇって。」



「でも。」



「・・・・・・頼む、大事にする。こんどこそ守る。だから・・・・・・。」



鈴の眼をしっかりと見据える。



「オレのこと、捨てないでよ。」



「天音・・・。」



「やだって言ってもダメだからな。絶対ぇ離さねぇからな。」



「・・・駄々っ子ですか。」



「うるせぇ。」



「・・・子ども。」



「うるせぇ。」



天音は、まだ何か言おうとするその口を、ゆっくりと、深く、ふさいでいった。









やわらかなぬくもり



もう2度と離さない



もう2度と離せない

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。