スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは反則

損得で考えるわけじゃないが

恋愛というものだけは

初めに好きになってしまった者が損をしている気がするよ

華がほころぶようなその笑顔に負けてばかりで

全然ペースがつかめなくなる

それを心地よく感じている自分がいることが

悔しくて…実は嬉しかったりするんだ



5行目は「ん」で始まるはずなのですが…さすがにムリでした。



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「むじゃきな君へののお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

呼び名

呼びかけられて

びっくりした

…何でわたし、もっと上手に笑えなかったのかな





このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「もどかしい恋のお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

俺様でもキスは優しい

「お前はオレのもんだろ。」

冷酷な声が響く。

逆らっても、きっとムダ。

魔王のようなあなた

でも逃げられない

もう、いまでさえわたしは

キスを待っている

全てを絡め取るようなあなたの口づけ

果ての無い束縛と

焼けつくような眼差し

逆らえない、抗えない

死が2人を分かつとも

いつまでもわたしはあなたの虜


このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「俺様に捧ぐ台詞」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

この体勢の意味、分かって言ってる?

「こっちこいよ。」

伸ばした手をすり抜けるお前

他愛ない喧嘩のはずなのに

いつの間にか必死になっている

せいぜいそうやって逃げてろよ?

言っておくけど、どんなにお前が

望んだとしても、

一生手放してなんかやらねぇぞ

未来永劫な

…わかってんだろ?

かっこつけてたって

ついてきてくれるお前がいなきゃ

てんでオレはダメだってこと

いつも隣で笑っててくれる約束だろ?

次の世までも、離さない

手をつかんで、その身体を組み伏せ、

…ルビーのように紅い唇に噛み付くようにキスを落とした。



このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「俺様に捧ぐ台詞」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

理性との戦い(あいうえお作文)

理由も教えてくれずに

背中にしがみついて泣かないで

いつもと違って

とても切ない声が震える

のどの奥で嗚咽をこらえる

誰がきみをそんなに傷つけたの

抱きしめてしまいたい

可愛いその唇を塞いでしまいたいけれど

今はまだ…きみの泣き場所でいるから




このお題は 「恋したくなるお題」の中から、「無邪気な君へのお題」からいただきました。

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。